「ほっ」と。キャンペーン
西に美酒あると聞けば飛んで行き、東に銘酒あると聞けば旅に出る・・・・・  そんな気ままな酒屋がここにある・・・・ 日々の出来事、ズッコケ話・・・ くだらない話、スポーツ、競馬、野球などなど、笑い満載のブログです!!
日本酒の未来
日本酒新時代・・・

とりあえず・・・人気blogランキングへ  ワンポチ!!ご協力お願いします!!

先日発売された、某雑誌が、日本酒特集を組んでいたので、
購入して読んだ。

私はこの雑誌がとても好きで、酒に関する特集の時は必ず
購入して読むようにしている訳で・・・

しかしながら、ここ2、3年ほど、この雑誌を読んでいるうちに
とても疑問を感じるようになってきた。

ここ数年、日本酒は焼酎の勢いに押されて陰に隠れてしまっていた。
そんなこともあるのか、これといってもの凄く人気の出る銘柄と言うのが
なくなってしまったのも事実。

くつろぐブログランキングへ お酒ランキングの上位です!!
ブシュっとワンポチお願いします!!


力のある地酒屋さんもなんとか話題を作ろうと頑張ってくれているのも
すごく伝わってくるし、蔵元さんも若い世代の台頭でなんとか
流れを作ろうと頑張ってくれている。

しかしながら・・・

私が一番疑問に思ったと言うか、心配になった事・・
それは・・

2、3年前にとりあげられて、とてつもなく評価の高かったお酒が
ほとんど無い・・・・

もう、とりあげなくても売れているからいいのか・・・それとも・・・

正直・・・そのほとんどがおしまい・・・

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へこちらもポチッといっていただけたら、研究員は大喜びです!!

今の時代、日本酒業界の流れと言うと、
酒を造り、その酒を“都心の有名地酒店”に持ち込み、評価してもらい
その評価のもとに酒造りをする・・・・
それってどうなの??

そしてそのアドバイスに基づいた酒造りで、それに近いものが出来ると
評価され雑誌などで一躍有名になる・・・これが流れ・・・

しかし・・・ここで有名になった後・・・・・
それで売れなかった銘柄はと言うと・・・・永久にさようなら・・・

ここで、私が一番何かが違う・・・そう思う事は・・・
どこを探しても・・・地元という言葉がどこにも出てこないこと・・・
逆に、“地元”と言う言葉を無理に隠しているような感じさえしてくる。
とある銘柄は、地元ではどこの酒販店でも扱っていない・・・
なんてお酒まである始末・・・・
日本酒(地酒)の原点ってなんなのだろう・・・・??
私は、地元の“おみやげ”これが、基本じゃないかと・・・

私は、日本酒(地酒)に関わるようになって、最初に行った蔵元さんは
静岡県の青島酒造(喜久醉)さん。
その青島酒造の社長さんに言われた事を常に忘れていません。
“山岸君・・・うちの酒はたくさん売る必要がないから・・・
まず、地元のお酒を一生懸命売りなさい・・・
地元のお酒を売ってこそ、地酒屋なんだから・・・・
私達も地元の人たちに愛されるお酒を造っていくから・・・”

その言葉・・・・決して忘れません・・・!!

30歳前後で一躍、時の有名人・・・・
2、3年後になったら、あの人は今??・・・
これが、今の時代なんでしょうかね・・・・(涙)

何事もそうですが、足場を固めて一歩一歩踏みしめて
ゆっくりと進んでいく・・・・
時間はかかっても、最終的に勝つのはウサギじゃなくてカメなんじゃないですかね。
青島酒造の社長の言葉、そして私の親父のモットー“継続は力なり”
この事を、改めて胸に刻み、頑張って行こうって思った今日この頃です。


FC2 Blog Ranking 新規登録しました!めざせトップ10入りです!こちらもポチっと!
にほんブログ村 酒ブログへ
☆皆様のご協力のおかげで、各ブログランキングの上位にランクインしております☆
今後ともよろしくお願い致します

[PR]
by sake-yamaboshi | 2007-03-13 20:34 | 日本酒
<< ホワイトデー 地方発送 >>